nanaコーポレートロゴ

インタビュー

Androidエンジニア

木永 風児

2017年8月入社

音楽好きで、nanaのヘビーユーザー。Android開発経験を活かし大好きなアプリ開発に参加。

もともとは学生時代に起業していました。情報系の学校に通っていたわけではないので、プログラミングはそこで初めて触れました。最初に1冊本を買いそこからはインターネットで調べながらの独学でしたが、めちゃくちゃやりたいというわけではなかったので最初はしんどかったです。それと並行して、会社の経理や、資金調達もできていたのでその使い道を考えるような経営企画に近い仕事もしていました。

その会社でもAndroidアプリを作っていて、次もAndroid、できれば好きなアプリでその経験を活かしてみたいと考えていたとき、nanaと出会いました。

僕自身ずっと音楽が好きで、たまたま「歌えるアプリないかな?」と探していた時にnanaを見つけ、すぐにヘビーユーザーになりました。立ち上げた会社を辞めたタイミングでnana musicに入社し、今はAndroidチームで開発を行なっています。

今はまだ開発面で経験不足を感じることが多いですが、大きなタスクを任せてもらうことも増えてきました。新しい技術にチャレンジするというとき、これまではプレッシャーに感じることも多かったですが、色々な経験をしてきたことで視界が広がり、モチベーションに変えることができるようになりました。

今はまだまだですが、いずれ勉強会で登壇してみたいです。そうしてまたnanaの開発面も強めていけたらと考えています。

nana musicの求人に応募する

募集職種を見る